ツインバードのコーヒーメーカー(6杯用と3杯用)を比較!使い方&評判も

ツインバード工業のコーヒーメーカー! 家電
スポンサーリンク

皆さんはツインバード工業の家電製品を購入したことはありますか?

やっぱり家電は大手の物を買っておけば安心というイメージを持っている方も多いでしょうが、キラリとひかるものを持っている企業は日本に多く存在しています。

新潟に本社を構えるツインバード工業は私たちが、これあったら嬉しいなって商品を作ってくれる、かゆい所に手が届く企業なんです!

そこで今回はSNSやテレビなどで取り上げられることが多いツインバード工業の全自動コーヒーメーカーを紹介します!

コーヒーメーカーの買い替えを検討している方や、ご自宅で美味しいコーヒーを楽しみたい方などはぜひ最後までお楽しみくださいませ!

スポンサーリンク

ツインバード工業ってどんな会社?

早速本題のツインバード工業のおすすめ家電を紹介しますが、その前に企業紹介しますね。

ツインバード工業ってどんな会社?信頼できる会社なの?って知らない方は思うかもしれませんので簡単に企業紹介しますね!

ツインバード工業は新潟県燕市に本社を置く東証二部上場企業です!

大手にはないツインバードの強みとして小ロット・多品種生産している点ああげられます。

私たちの暮らしのなかであったらいいなって思う製品を世の中に提供するツインバード工業の商品はSNSやテレビで取り上げられることも多くツインバード家電のファンも多くいらっしゃいますので、今後も目を離せない企業ですね!

ではおすすめ商品を紹介していきますね!

ツインバードの全自動式コーヒーメーカー(6杯用と3杯用)を比較

ツインバードの全自動式コーヒーメーカー
(引用:ツインバード工業株式会社)

品番:CM-D457B
容量:3杯用(410ml)
値段:オープン
色:ブラック
製品サイズ:約160×335×360mm
重さ:約4.1kg
消費電力:610W
コード長さ:1.4m
付属品:計量カップ/お手入れブラシ/ペーパーフィルター(5枚)
取扱説明書/ガイドブック
品番:CM-D465B
容量:6杯用(900ml)
値段:オープン
色:ブラック
製品サイズ:約160×335×425mm
重さ:約4.5kg
消費電力:800W
コード長さ:1.4m
付属品:計量カップ/お手入れブラシ/ペーパーフィルター(5枚)
取扱説明書/ガイドブック

ツインバード工業から発売されている全自動コーヒーメーカーは3杯用のCM-D457Bと、6杯用のCM-D465Bの2機種がラインナップされています。

この全自動コーヒーメーカーは美味しいコーヒーが作れるのはもちろんですが、グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュなデザインも特徴なんです。

4万円くらいするコーヒーメーカーですが、ご自宅で本格的なコーヒーを飲みたい方が買って後悔することはないでしょう!

3杯用のCM-D457Bと、6杯用のCM-D465Bを比較してみましたが、主な違いは値段と容量になります。

3杯用はマグカップ約2~3杯分の450mlが容量で、6杯用はマグカップ約4~5杯分の900mlという倍の容量になっています。

ご家族や友人などとシェアして沢山飲める方が良い方は6杯用がおすすめで、マグカップ約2~3杯分作れれば十分という方には3杯用がおすすめですね。

ツインバードの全自動式コーヒーメーカーの特徴

コーヒー
テレビ番組や雑誌など多くのメディアで紹介されたツインバード工業の全自動式コーヒーメーカーはツインバード工業のヒット商品と言えるでしょう!

そんな時にこの全自動コーヒーメーカーはピッタリです。

その理由はプロがいれてくれたような本格的なコーヒーをご自宅で楽しむことができる
コーヒーメーカーだからです。

豆の風味を妨げない低速臼式のフラットミルを採用しており、6か所から均等にお湯を注ぐ構造のシャワードリップなどツインバードさんのこだわりが凝縮されたコーヒーメーカーです。

この全自動コーヒーメーカーの特徴をまとめると以下になります。

・豆の風味を最大限に活かす低速臼式フラットミル
・五感を使ってコーヒーを楽しむことが可能
・日本のコーヒーレジェンド監修
・コーヒー豆本来のうまみを引き出す温度設定(83℃/90℃)
・3段階の蒸らし湯量調整機能
・淹れたての温度をキープする保温機能(約20分間)
・錆びにくいステンレス製のミル刀
・簡単お手入れ
・軽量カップ・ペーパーなど付属品も充実

これだけの特徴をもっていてプロが淹れたようなコーヒーを自宅で楽しめるなんて嬉しいですね!

簡単!全自動コーヒーメーカーの使い方

ツインバード 全自動コーヒーメーカー
(引用:ツインバード工業)

見た目もオシャレで美味しいコーヒーが淹れれるこのコーヒーメーカーを買ったけどどうやって使うのって思うはずですので、簡単に使い方を説明しますね!

手順1:湯通しする
全自動コーヒーメーカーを最初に使う時や長い期間使っていなかったときには湯通しすることをおすすめします。

タンクに水を入れて粉から抽出モードにしてスタートボタンを押せばOKです!

手順2:コーヒー豆を計量カップに入れて計測する
お好みの量のコーヒー豆を計量カップにいれます。

付属の軽量カップは焙煎の頃合いでメモリが異なっていますので色々試してみると良いですよ!

手順3:見るに豆を入れてボタンを押す
ミルにコーヒー豆を入れてダイヤル設定します。

例えば4カップ入れる場合の例ですが、「豆から・90℃・4カップ」というようなダイヤルをセットしてスタートボタンを押すだけです。

温度も83℃と90℃から選ぶことが出来るというこだわり用もコーヒー好きには嬉しいコーヒーメーカーですね!

ボタンを押せば抽出・蒸らしもしてくれるんで、使い方がとても簡単なのが嬉しいです。

全自動式コーヒーメーカーを初めて使う方にもおすすめな製品なんです。

お手入れも簡単なコーヒーメーカー

コーヒー
使い方も分かったし美味しいコーヒーを淹れることができるのは分かったけど、お手入れってめんどうじゃないの?と思う方もいるはずです。

ツインバードの全自動コーヒーメーカーでおすすめするポイントとして、メンテナンスやお手入れが簡単な点があるんです!

このコーヒーメーカーにはメンテナンスモードが備わっているので、ミルについたコーヒー粉を取り除いて、水タンクの排水やクエン酸洗浄などが簡単にできます!

お家時間に専門店のような美味しいコーヒーが味わえる全自動コーヒーメーカーは操作も手入れも簡単なので是非、おすすめしたいコーヒーメーカーになります。

まとめ

コーヒー
今回はツインバード工業の全自動式コーヒーメーカー(6杯用と3杯用)の比較や特徴、使い方などを中心に紹介してきました。

3杯用のCM-D457Bと、6杯用のCM-D465Bを比較してみましたが、主な違いは値段と容量になります。

機能は変わりませんので、飲みたい量やライフスタイルに合わせてどちらを選ぶか検討されてくれださいね。

今回紹介したツインバード工業の全自動式コーヒーメーカーの特徴をまとめると以下になります。

〈全自動コーヒーメーカー〉
・五感を使ってコーヒーを楽しむことが可能
・日本のコーヒーレジェンド監修
・コーヒー豆本来のうまみを引き出す温度設定(83℃/90℃)
・3段階の蒸らし湯量調整機能
・淹れたての温度をキープする保温機能(約20分間)
・錆びにくいステンレス製のミル刀
・簡単お手入れ
・軽量カップ・ペーパーなど付属品も充実

私たちの生活の中にこんなものあったら便利だな、嬉しいなって思う商品を製造販売してくれるツインバード工業の強みは、お客様のささいなニーズも取り得れて、それを商品開発につなげるという柔軟な社風にあるのでしょう!

世間もそんなツインバード工業の商品をほっておくわけがなく、SNSやテレビなどのメディアで数多く取り上げれらています。

ツインバード工業の商品に関しては、こんな記事も書いていますのでお楽しみくださいね↓

ツインバードのケアドライヤー(TB-G008JPW)は低温でも速乾!使い方も
皆さんはツインバード工業の、ケアドライヤー(TB-G008JPW)をご存じでしょうか? 最近のドライヤーの主流は、高温で大風量で速乾性が高い製品が主流となっていますが、ツインバード工業のケアドライヤーは違ったアプローチをしているドライ...

今回紹介した全自動コーヒーメーカーはツインバード商品の中でも特におすすめの商品で、生活の質がワンランク上がる事間違いないです!

お値段は少しお高めですが、ご自宅で飲むコーヒーにこだわりたい方なら、買って後悔することはありませんよ。

ぜひツインバード工業の全自動式コーヒーメーカーを生活の一部に加えて頂ければ嬉しいです。

家電
スポンサーリンク
オススメGoGoGo!

コメント

タイトルとURLをコピーしました