コーヒー豆 産地の特徴と豆の保存方法!スタバと無印のコーヒー豆 比較!

コーヒー豆 カフェ

皆さんはコーヒー豆は日頃どのこ産地の豆を選んでいますか?

コーヒー豆って産地によって味わいも変わりますし、美味しさを保つためには保存方法も大事になってくるんです。

コーヒーって奥が深くて面白いなって感じ事ができます!

そこで今回はコーヒー豆の産地ごとの特徴とコーヒー豆の保存方法について紹介します。

皆さんが日ごろよく行くであろうスタバと無印良品のコーヒー豆の特徴も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでコーヒー豆選びの参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

コーヒー豆の産地や品種で味わいが変わる

コーヒー豆
ワインや日本酒などようにコーヒーも産地によって特徴が変わってきます。

簡単な例ですがエチオピアやケニアなどのアフリカ産はさわやかでフルーツを思わせる酸味を出し、ブラジルやコロンビアなどの南米産のコーヒー豆はしっかりとボディ感が味わえます。

豆だけでなくてペーパードリップ・フレンチプレス・エスプレッソなどの抽出方法によっても味わいが変わってくるので美味しいコーヒーを作り上げる難しさでもあり、楽しさでもありますね。

それでは以下に産地ごとの特徴をみていきましょう!

ブラジル

世界第1位の生産量があって日本の輸入量もトップなので馴染み深い生産地ですね。
アラビカ種・カネフォラ種を栽培しています。

酸味と苦味の調合の良さが私たちに人気の理由なんですね。

グアテマラ

グアテマラもコーヒー豆でよく聞く生産地ですね。
国土の多くがコーヒー栽培に適している山岳地帯です。

果物のようなフルーティーな酸味とコクが特徴です。

エチオピア

コーヒー発祥の地と言われており、国土の大部分が山岳地帯で、品質が良いフルーツを思わせるような味わいのコーヒーが栽培されています。

ケニア

ケニアでコーヒー栽培が始まったのは19世紀末で他のアフリカ諸国と比べると比較的遅めだったそうです。

生産者たちがコーヒー研究財団を設立することでケニアは世界有数の人気産地になりました。

爽やかなコーヒーらしい酸っぱさがケニア産コーヒー豆の特徴になります。

上記以外にもコーヒー豆の産地は色々ありますので、まずは色々なコーヒー豆を試してみて美味しいなって感じる豆を探すことを目指しましょう!

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆は生鮮食品ですので、コーヒー豆の保存方法もとても重要になります。

コーヒー豆の鮮度を落とす要因は主に酸素・光・熱の3つが主な要因です。

酸素からコーヒー豆を守る方法としておすすめなのが、ジッパー付きの袋です。

空気をなるべく抜いてからジッパーを閉めるのがコツになります。
袋に遮光性があればなお良いです。

ご自宅になるガラス容器などに移して保存している方もいるでしょうが、ガラス容器などの容器は購入したときにコーヒーが入っている袋に比べて酸素の濃度が高いので、容器に移した瞬間に酸化が始まってしまいます。

次に熱に対する対策ですが、コーヒーが最も美味しいのは焙煎してから1~2週間後になります。
そのため焙煎から2週間以上が経過したら熱からコーヒーの劣化を守るために冷凍庫や冷蔵庫で保存するのがおすすめの保存方法です。

特におすすめしたいのが冷凍庫での保存です。
冷凍庫に入れる事で香気成分や二酸化炭素の発生を遅らせてくれるます。

冷凍庫に入れた容器から必要分を取り出したら出来るだけ素早く冷凍庫に戻しましょう。

スタバと無印良品のコーヒー豆

コーヒー豆ってどこで買うのが良いのかなって思う方がいるはずです。
以下にカフェの定番であるスタバと食品や雑貨など色々な商品を取り扱っている無印良品のコーヒー豆を簡単に紹介しますね。

スターバックスコーヒー
商品名:ハウスブレンド
容量:250g
値段:1,155円(税込)

ハウスブレンドはスタバ創業時からある調合されたコーヒーで、ナッツとカカオ風味を味わえるのは特徴でバランスが良い初心者向けのコーヒー豆です。

無印良品
商品名:オーガニックコーヒー オリジナルブレンド
容量:200g
値段:490円(税込)

コロンビアとホンジュラスのアラビカ豆を調合して作られたコーヒー豆です。

飲みやすい味わいとコーヒーらしい香りが特徴のコーヒー豆です。

上記は万人に飲みやすいコーヒー豆になりますが、スタバと無印良品のコーヒー豆は様々な種類を取り扱っていますので、迷ったら店員さんに相談するのもおすすめです。

まとめ

今回はコーヒー豆の産地ごとの特徴と豆の保存方法をメインに紹介してきました。

ご自身がこれだと思うコーヒーを淹れるためには豆の種類・豆の挽き方・抽出方法・水など様々こだわる要素が存在します。

こだわるポイントが様々あるからこそコーヒー面白くて奥が深いものです。
今回紹介したコーヒー豆の特徴や保存方法はコーヒーのほんの一部になります。

これからもコーヒーについて紹介していきますので、参考にして頂ければ嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました